トップ >メールマガジン > 2015年1月号

バーンロムサイ メールマガジン 2015年1月号

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::
::: エイズ孤児たちの暮らす家
:::
::: B A N R O M S A I
:::
::: http://www.banromsai.jp/
:::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 2015.01.05:::::

新年明けましておめでとうございます。
今年も良い年となりますよう・・・!
皆さまにおかれましても、益々健やかな、実り多き一年でありますよう、お祈りいたします。
2015年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

*今年もホームページの「写真日記」に名取美和の新年のメッセージを掲載しております。
どうぞご覧ください。↓
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10503

…<今月のCONTENTS>……………………………………………………
■ 今月のコラム:「タイの新年」
■ 1月の企画展・イベントのお知らせ:大阪・なんば
■ 鎌倉店から:1月のおすすめ商品「Happy Bag」、「Kissani 手織り商品」
■ オンラインショップから: 1月のおすすめ商品「ipadminiケース」
■ 工房便り: 「買い物の一日」
■ hoshihana villageから: バーンタワイ散策はいかが?
■ 写真日記から: 12月の写真日記より
…………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今月のコラム 「タイの新年」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タイ太陽歴では2558年、新しい年を子どもたち全員と無事迎えることができました。
日本は場所によっては雪が降る寒い元旦となったようですが、チェンマイは朝晩少し
肌寒く、日中は30℃近くなるという乾季、すっきり晴れ渡った気持ちの良い年明けと
なりました。

タイのお正月は西暦の1月1日ではなく、タイの旧暦で4月がソンクラーンというお正月
です。西暦の年末年始12月31日~1月2日は祝日ではありますが、特に日本のように
お正月の行事をするということはなく、一つのお祭りごととしてカウントダウンのイベントが
あったり、新しい年だから徳を積み来世さらに幸せに生まれるためにタンブン(お布施)を
したりするのです。

バーンロムサイへも1月1日、2日にはタイ人の方が何組か子どもたちのために日用品や
お菓子や文具を持ってタンブンに来てくださいました。また1日の朝からバーンロムサイの
子どもたち全員で近くのお寺へ行き、隅々までお掃除をし、タンブンをしました。

タイ人は小さい頃から親と一緒に何かあればお寺にタンブンに行く、托鉢をして歩いて
いらっしゃるお坊さんへタンブンするなど、生活の中に普通に「タンブン」という行為が
根付いているので、とても自然で気持ちが良いのです。バーンロムサイの子どもたちもタイ
という国で育ちながら、タンブン精神を養い、目の前に困っている人がいたら自然に手を
差しのべることが出来るような、思いやりのある人になって欲しいな・・と思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1月の企画展・イベントのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月に行われる企画展、イベントは以下の通りです。皆様、お誘い合わせのうえ、
ご来場ください。

■大阪・なんば 大阪タカシマヤ 6階台所用品売場「くらしの道具」コーナー
 「バーンロムサイ&ルピナス」
期間:2015年1月14日(水)~1月20日(火)
時間:10:00~20:00(最終日は18:00まで)
住所:〒542-8510 大阪市中央区難波5丁目1番5号
TEL:(06)6631-1101
HP: http://www.takashimaya.co.jp/osaka/index.html

株式会社ルピナスが作る、米ぬかとお米と天然塩だけで作られた「温心(おんしん)カイロ」
のカバーを、バーンロムサイで手がけたことを記念して、コラボカイロと合わせて
バーンロムサイの商品を展開します。 おうちでほっこりあたたまる、をテーマにちぢみガーゼ
の衣類やブランケット、子どもの絵のカードやカップ&プレートなどをご紹介します。


■アンダーザツリー展へのご協力・ご来場 ありがとうございました!■
12月に伊藤忠青山アートスクエアにて開催いたしましたアンダーザツリー展。
好評のうちに、無事会期を終了することができました。ご協力・ご尽力いただいた皆さま、
また寒い中お越しいただいた皆さま、この場を借りて改めてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

みんなで紡ぐものづくりの楽しさ。そこから生まれる元気を日本のみなさんに届けたい
という気持ちから企画したアンダーザツリー展、皆さまへ何かの「きっかけ」をお届けできて
いれば幸いです。

□バーンロムサイの企画展・イベント情報は随時こちらでお知らせしています。
http://www.banromsai.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 鎌倉店から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鎌倉店( http://blog.banromsai-shop.com/ )は、バーンロムサイオリジナルプロダクツを
直接手に取って見て、買っていただける常設のお店です。そのバーンロムサイ鎌倉店から
の声をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新年明けましておめでとうございます。

年を重ねるごとに、パワフルで楽しいお店になるように、、
今年も昨年までやっていなかった事を色々とやってみよう!と思っております。
本年も変わらずご愛顧の程、皆さまどうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、年明け鎌倉店ではHAPPY BAG の販売を行っております。
お洋服の入った¥3000(+税)バージョンと、キッチンインテリアの入った¥1500(+税)
バージョン。どちらもかなりお得なセットになっております!
ぜひお早めにどうぞ!

また、昨年末さき織りワークショップでお世話になった「Kissani」の手織り商品を現在
期間限定で販売しております。ストールの他、ふわふわで大人かわいいリボンヘアゴム
など、小物も新たに入荷致しました。
期間は今月中旬まで。この機会にぜひ「Kissani」の商品に触れてみて下さい!
厳選されたシルクとウール、手織りのふわふわの触り心地に心奪われる事間違いなし
です!

そしてちょっと早めの告知ですが・・・
今年は「鎌倉店の月1SALE」として、毎月1回のプチセールを開催していく予定です。
第1回目は2月から。
その他にも楽しいイベントを色々やっていきたいなぁと思っております。
詳細は随時ブログで告知して参りますので、楽しみにお待ち下さいませ!

鎌倉店のイベント詳細、商品情報はブログをご覧くださいませ。
http://blog.banromsai-shop.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ オンラインショップから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年明けましておめでとうございます。
なかなか上手に運営出来ず、欲しい商品をお届け出来ていない状況が続いております
が・・
今年はオンラインショップのリニューアルも予定しており、充実したコンテンツと品揃えを
実現出来るよう、頑張って参りますので本年も変わらぬご愛顧の程、どうぞ宜しくお願い
申し上げます!

今月のオンラインショップオススメは、新商品、バーンロムサイのさき織りで作った「Ipadmini
ケース」です。バーンロムサイの「さき織り」は、ホームの縫製場で服を縫製した後に残った
布をリボン状に裂き、つなぎ合わせて「さき織り」のリボンを作り織りあげていきます。

ビーズや藍染の糸、モールや毛糸などを(その時によって気まぐれに?!)加えながら、
バーンロムサイ独特のざっくりとした質感のポップな生地が織り上ってゆくのですが
出来上がり生地はその時々によって異なりますので、すべて一点しかない組み合わせを
お楽しみ頂けます。さき織りのふわふわした生地が、機体をしっかり守ってくれ持ち運びも
安心。コンパクトサイズなので、アクセサリー入れなどポーチとしてもご利用頂けます!

その他、ステキな古布長財布も随時入荷しておりますので
こまめにチェックして頂けると嬉しいです。

商品の詳細はぜひオンラインショップでご覧ください。
◇ネットショップはこちら
http://www.banromsai-shop.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 工房便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鎌倉店( http://blog.banromsai-shop.com/ )とネットショップ
http://www.banromsai-shop.com/ )では、バーンロムサイオリジナル
プロダクツを販売中!その商品を作り出す工房からの便りをお届けします。

■買い物の一日■
チェンマイに来て半年が経ちました。
国際免許証を取ってきたのはいいものの、日本では完全なペーパードライバーだった私。

生活手段の1つとして、まずは近くの市場までバイクの練習をかねて往復の日々。
車の運転も徐々にしていき、最近では週に1度の市内のワロロット市場までの買い物も行うまでになりました。
今回は買い出しに訪れる場所をご紹介します。

…続きはこちらから
→ http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10499

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■hoshihana villageゲストハウスから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年よりも暖かい乾季、気持ちいい日が続いています。
朝晩は涼しく、昼間はカラッと暖かく。
お散歩や自転車での散策にはぴったりな陽気です。バンコクからは「避暑」にチェンマイに
来る旅行者が多く、チェンマイ市内も活気にあふれる時期。

Hoshihana villageから自転車で30分ほどのところにあるハンドン市場。
そこから少し南下し、東へ進んだところにバーンタワイという工芸と家具作りの盛んな町が
あります。世界中から買い付けにくるという、隠れた名所。
バーンタワイの町に続く道の両側には、オーダー家具、アンティークの家具、雑貨屋さん
などが並んでおり、おしゃれなカフェもあり。1日中いられる楽しさです。
今の時期は雨も降らず、暑すぎず、ちょっと離れたバーンタワイに行くにもお勧めです!

バーンロムサイ、チェンマイ現地ショップでは、日本よりも少しお得にお買いものをお楽しみ
頂けます。ランナー様式のおうちを改造した雰囲気あふれるショップは、長居したくなると
評判。ちかくに縫製場もありますので、作っている現場もご覧頂けます。現地ショップ
ならではの商品にも力を入れておりますので、宿泊の際には、ぜひお立ち寄りください!

1月上旬はほぼ満室を頂いておりますが、中旬過ぎはまだ空室がございます。
お問い合わせ、お待ちしております!

hoshihana village Facebookページはこちら。
→ http://www.facebook.com/hoshihanavillage
 
hoshihana village についてはこちらをご覧ください。
→ → http://www.hoshihana-village.com/

*hoshihana villageはバーンロムサイが、ご寄付としていただいたコテージを利用し運営
しているゲストハウスです。ご宿泊いただいた料金は、ホームの運営費となります。*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 写真日記から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バーンロムサイホームページ( http://www.banromsai.jp/ )では、子どもの日常を中心と
した写真付きの日記を掲載しています。この1ヶ月の日記の中からピックアップ!

◆日頃の運動不足解消のため、と、YOGAプロジェクトが発足!
10月に新しくオープンしたhoshihana villageのsalaにて、男の子達がサッカーに出て
いる土曜日の9時から女子ヨガの開催です。

「女子は集合!salaでYOGA!」
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10496

◆12月25日、恒例のクリスマス会が開催されました。準備から会の様子まで、
夏のクリスマスの様子をお伝えします!

「クリスマス会 2014」
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10502

最新の写真日記はこちらからどうぞ!
http://www.banromsai.jp/photo_diary/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本事務所は本日が仕事始め。
しばらく空けていた事務所は冷え切っており、換気する間もなく、ヒーターをオン。
メールを打つ指もかじかんで(あるいは、休みの間に弛んでしまったのか・・)、
なかなか本調子とはいきませんが、気持ちを引き締めて今年も頑張りたいと思います。
皆さま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

… バーンロムサイとは ………………………………………………………

バーンロムサイはタイ語で「ガジュマルの木の下の家」という意味。
1999年12月にHIVに母子感染した孤児たちの生活施設としてタイ北部チェンマイ郊外
に設立されました。開設15年目の現在、エイズ孤児や親と生活できない子ども達、3歳
から18歳までの30名が暮らしています。

□詳しくは → http://www.banromsai.jp/whats/

***バーンロムサイの企画展、ネットショップ、および鎌倉店で商品をお買い上げいただいた
利益や、ゲストハウスをご利用いただいた利益は、バーンロムサイの子どもたちのために
使わせていただいております。

…………………………………………………………………………………

=====================================================
■ 編集/発行 バーンロムサイ http://www.banromsai.jp/

■ 登録/解除 https://ssl16.heteml.jp/banromsai/ssl/mail_magazine.cgi

このメールマガジンは、配信専用のアドレスで配信されています。
このメールに返信されても、返信内容の確認およびご返答ができません。
あらかじめご了承ください。

また配信停止ご希望の方は、以下のサイトより解除の手続きをお願いいたします。
https://ssl16.heteml.jp/banromsai/ssl/mail_magazine.cgi

バーンロムサイへのお問合せは、下記メールアドレスまでお願いします。
E-mail : info@banromsai.jp
=====================================================

バックナンバー リストへ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒249-0005 神奈川県逗子市桜山7-3-32
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
info@banromsai.jp
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
Banromsai(Thailand) Co.,Ltd.
246/1 Moo 3 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022226
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.