トップ >メールマガジン > 2016年1月号

バーンロムサイ メールマガジン 2016年1月号

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::
::: エイズ孤児たちの暮らす家
:::
::: B A N R O M S A I
:::
::: http://www.banromsai.jp/
:::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 2016.1.4:::::

新年あけましておめでとうございます。
バーンロムサイは開園から数えて17回目の新年を迎えました。
今年も無事みなさまに新年のご挨拶が出来ますことを心から感謝致します。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

写真日記に代表名取美和からの新年のご挨拶を掲載しております:
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10576

…<今月のCONTENTS>……………………………………………………
■ 今月のコラム:「サワディー ピーマイ カー」
■ 鎌倉店から:1月のおすすめ商品「温心カイロ」
■ オンラインショップから:1月のおすすめ商品「ちぢみガーゼの
ロングワンピース」
■ 工房便り: 「ものづくりの先輩たちから教わったこと」
■ hoshihana villageから:「穏やかな新年」
■ 写真日記から: 12月の写真日記より
…………………………………………………………………………………
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今月のコラム 「お祭りが終わっても。」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サワディー ピーマイ カー
新年あけましておめでとうございます。

毎年1月の乾季は朝晩ダウンにマフラーで丁度良いくらい冷えるのですが、
今年は少し肌寒いくらいで日中は30℃を超え、こちらも暖冬?!の日々です。
タイの国全体で、かなり深刻な水不足に陥っています。

タイにはお正月が3回もあり、この1月1日は新しい年を迎えるお正月、本当の
お正月は4月13日からのソンクラーン(通称 水掛け祭り)になります。ただ
中国系のタイ人が多いので2月の旧正月の時期も、しっかりお正月として賑やか
にお祝いするのです。

年末年始のお正月のプライオリティがそう高くなかったここタイでも、年々
カウントダウンと称して、街中は催し物がたくさんあり、観光客で賑わい、
すごい人と車で大渋滞。近くの大きな公園からはタイ時間の1月1日0時に
たくさんのコムロイ(紙で出来た熱気球)があがり、花火が打ち上げられて
いました。年ごとに派手になるクリスマスとカウントダウンです。
バーンロムサイでも年明け前に全員でコムロイをあげ、無事に過ごす事のできた
1年に感謝し、新しい年へのお願いごとをしました。

昨年末、2015年12月は、タイでも「師走」と言いたいほど慌ただしくそして
楽しく過ぎてゆきました。恒例のクリスマス会はバーンロムサイの子どもたち、
村の子どもたち、タイ人スタッフとその家族、そしていつもお世話になっている
人たちなどなど、総勢300名近く参加してくれました。年少から年長まで子ども
たちが楽しみにしているのはお化粧して踊ること。今年も派手な化粧に派手な
衣装で、踊りました!かわいかったです。
また大工さんたち特製の「豚喉肉炭火焼き」はこの会の名物料理。さらに日本人
ボランティアスタッフたちが作る定番のオニギリと豚汁に加え、今年はたこ焼き
器にたこ焼き名人まで揃ったので、たこ焼きに初挑戦。初めて食べるタイ人も
たくさん居ましたが、皆一様に「アローイ!」と大好評でした。
焼き手は暑くて本当に大変でしたが・・。
たくさんのプレゼントを抱えたバーンロムサイと村の子どもたち。
今年も大満足のクリスマス&新年会でした。

そして、こうしてバーンロムサイの子どもたちがみんな元気に新しい年を迎える
ことができたこと、多くの方にサポートして頂いているおかげと、メルマガ読者
の皆さまへもあらためてお礼申し上げます。
みなさまにとって、楽しい、そして健康で穏やかな1年となりますように!

今年もバーンロムサイをよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 1月の企画展・イベントのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1月の企画展、イベントはありませんが、下記にて随時お知らせしております
ので、ご覧くださいませ。
http://www.banromsai.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 鎌倉店から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鎌倉店( http://blog.banromsai-shop.com/ )は、バーンロムサイオリジナル
プロダクツを直接手に取って見て、買っていただける常設のお店です。
そのバーンロムサイ鎌倉店からの声をお届けします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寒い毎日が続いておりますが、みなさまのお気に入りのあったかグッズは
なんでしょうか。
私のオススメは鎌倉店でも販売している「温心カイロ」です。

温心カイロは、電子レンジで温めるだけの繰り返し使えるカイロで袋の中身は
なんと3つだけ。
温める事でスチーム状の熱を発生する「米糠」、
抗菌・殺菌効果もある天然の「塩」、
そして厳選した農家さんからとりよせた「お米」。

米ぬかのスチームが冷えた体を心から温めてくれ、低温やけどの心配もない
ので、小さなお子様からお年寄りまで、みなさんに安心・安全にお使い頂ける
カイロです。

販売元のルピナスさんでは様々なタイプの温心カイロを販売されていますが
鎌倉店ではバーンロムサイがコラボした(取り外して洗えるカバーをバーンロム
サイが作りました)バージョンを販売中。
カバーはシンプルな無地、インドコットンを使った柄、と種類豊富に揃っており
ます。癒されるほんのり甘い香りと、何とも言えない心地よい触り心地。
1日2回の使用で2年使え、夏には冷やして使う事も出来ます。
ぜひ一度お試しください。

●鎌倉店新年の初売りは本日1/4(月)~。今年は少量ではございますが福袋を
ご用意しておりますのでお近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。

鎌倉店のイベント詳細、商品情報はブログをご覧ください。
http://blog.banromsai-shop.com/

バーンロムサイプロダクツfacebookはこちら。
https://www.facebook.com/banromsaishop

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ オンラインショップから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暖冬だと言われていますが、オンラインショップの拠点がある札幌はずいぶん
冷え込んでいます。寒いのはあまり好きじゃないけれど、道産子としては、
きりっと冷えてくれないとお正月を迎えた気になりません。

さてこの時期、オンラインショップのおすすめアイテムはワンピース。中でも
肌触りのいい「ちぢみガーゼ」素材で仕立てた、新作のロングワンピースが一番
のおすすめです。

ゆったりとしたシルエットのシンプルなデザイン。ゆるやかなVネックや九分袖
などは重ね着しやすく、いろいろなコーディネートを。伸縮性もありインナーを
重ねても無理がないのがうれしい。アクセサリーなども工夫して楽しんでくださ
いね。

二重のガーゼにちぢみ加工を施した生地なので保温性もあり、それでいて
サラサラの肌触りなので、これからの季節にも気持ちよく着られます。

少しおすましのお出かけにも、普段使いにもぴったりのこのワンピースですが、
部屋着としても最適。ゆったり、のんびりした着心地で最高のリラックスタイム
を過ごしていただけます。

「ロングワンピース ちぢみガーゼ」の詳細はこちらのページをご覧ください
http://www.banromsai-shop.com/?pid=97049287

オンラインショップのページはこちらです。
http://www.banromsai-shop.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 工房便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鎌倉店( http://blog.banromsai-shop.com/ )とネットショップ
http://www.banromsai-shop.com/ )では、バーンロムサイオリジナル
プロダクツを販売中!その商品を作り出す工房からの便りをお届けします。

■ものづくりの先輩たちから教わったこと■
hoshihana shopで巣作りをする虫。お洋服を守らなければ!と頭を悩ませている
なかでのエピソード。

…続きはこちらから
→ http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10572

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■hoshihana villageゲストハウスから
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年末年始、チェンマイの街は観光客や帰省した人々でいっぱい、車も渋滞して
大変なようですが、hoshihana villageでは、寒い日本の冬を離れて、いつも同じ
時間が流れているゆったりした環境でお過ごしになるお客様で、連日満室です。

大晦日には、バーンロムサイの子供たちと宿泊ゲストの皆さまと一緒にコムロイ
をあげました。真っ暗な空に静かに上昇し、だんだんと小さくなっていくコムロ
イを見上げていると、とても穏やかな気持ちになりました。2016年も皆さまに
とってよい年となりますように。

1月のゲストハウスもすでに7割以上の予約をいただいておりますが、風が
気持ち良く、とても過ごしやすいこの季節、空室もまだありますので、
お問合せお待ちしております。

hoshihana village Facebookページはこちら。
→ http://www.facebook.com/hoshihanavillage
 
hoshihana village についてはこちらをご覧ください。
→ → http://www.hoshihana-village.com/

*hoshihana villageはバーンロムサイが、ご寄付としていただいたコテージを
利用し運営しているゲストハウスです。ご宿泊いただいた料金は、ホームの
運営費となります。*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 写真日記から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バーンロムサイホームページ( http://www.banromsai.jp/ )では、子どもの日常
を中心とした写真付きの日記を掲載しています。この1ヶ月の日記の中から
ピックアップ!

◆昔の写真にどっぷりつかる
ホームページ改訂にあたり、文章を再度読んでいたら昔の写真を見たくなり、
2003年から見始めたらもうドップリはまってしまったのです。。
12年前!干支が一周しています。
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10573

◆バーンロムサイの師走
盛り沢山だった12月、色々まとめてご紹介。
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10575

最新の写真日記はこちらからどうぞ!
http://www.banromsai.jp/photo_diary/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年よりバーンロムサイ商品のタグが一新!
これに向け、逗子事務所のスタッフは年末ひたすらタグの付け替え作業に
没頭し続け、無事に新年を迎えられたのでした。
1月1日以来とても穏やかなお天気の逗子周辺。
タグの付け替えの終わった事務所の様子を表しているかのようです・・

… バーンロムサイとは ………………………………………………………

バーンロムサイはタイ語で「ガジュマルの木の下の家」という意味。
1999年12月にHIVに母子感染した孤児たちの生活施設としてタイ北部
チェンマイ郊外に設立されました。開設15年目の現在、エイズ孤児や親と生活
できない子ども達、3歳から18歳までの30名が暮らしています。

□詳しくは → http://www.banromsai.jp/whats/

***バーンロムサイの企画展、ネットショップ、および鎌倉店で商品をお買い上げ
いただいた利益や、ゲストハウスをご利用いただいた利益は、バーンロムサイの
子どもたちのために使わせていただいております。

…………………………………………………………………………………

=====================================================
■ 編集/発行 バーンロムサイ http://www.banromsai.jp/

■ 登録/解除 https://ssl16.heteml.jp/banromsai/ssl/mail_magazine.cgi

このメールマガジンは、配信専用のアドレスで配信されています。
このメールに返信されても、返信内容の確認およびご返答ができません。
あらかじめご了承ください。

また配信停止ご希望の方は、以下のサイトより解除の手続きをお願い
いたします。
https://ssl16.heteml.jp/banromsai/ssl/mail_magazine.cgi

バーンロムサイへのお問合せは、下記メールアドレスまでお願いします。
E-mail : info@banromsai.jp
=====================================================


バックナンバー リストへ戻る

特定非営利活動法人(NPO法人)
バーンロムサイジャパン
〒249-0005 神奈川県逗子市桜山7-3-32
Tel. 046-876-6209 Fax. 046-876-6219
※10:00-18:00
info@banromsai.jp
www.banromsai.jp
Ban Rom Sai
23/1 Moo 4 T.Namprae, A.Hangdong,
Chiangmai 50230 Thailand
Tel. +66-53-022245 Fax. +66-53-427434
※日本時間 11:00-19:00(タイ時間 9:00-17:00)
Copyright © 2011 ban rom sai. All Rights Reserved.